FC2ブログ

    おれの人生こんなもんだな・・・

    最愛の奥さんの腎臓を譲り受けた不真面目で飲んだくれな元マスターが綴る独り言. 心が開いている時も閉じている時も淡々と。

    指定期間 の記事一覧

    想い出の曲 vol.10【悲しい色やね】

    2011.01.31 (Mon)
    今日はかつてオイラの歌の原点になっていた【上田正樹】です

    前回のカルメンマキを知った頃にN○Kで始めてみました

    この時に見た曲は【悲しい日々】


    ここまでは以前の記事でも書きましたよね(以前の記事へGO!!)



    でも今回【悲しい色やね】
    オイラと奥さんが結婚するきっかけになった曲です


    簡単に言えばタマタマ友人に連れられて行ったスナックで、『今度歌謡コンテストを主催するんだけど出てみない?』と言われた事です


    昔は歌に自信が有ったので二つ返事で出場しました。この時には昔の彼女と友人が見に来てくれましたが、コンテストに出る前に数回歌のレッスン(振りやマイクの握り方など・・)が開店前の店で有りました。


    この時に店でアルバイトをしていた奥さんがオイラの事が気になったそうだ


    実際は2年ほど後で奇跡の再会があったんだが・・・


    だから今日は想い出の曲【悲しい色やね】



    携帯はコチラ・・・



    悲しい色やね

    作詞:康 珍化 作曲:林 哲司


    にじむ街の灯を ふたり 見ていた
    桟橋に停めた 車に もたれて
    泣いたらあかん 泣いたら せつなくなるだけ

    Hold me tight 大阪 Bay blues
    「俺のこと好きか」 あんた聞くけど

    Hold me tight そんなことさえ わからんようになったんか・・・?

    大阪の海は 悲しい色やね
    さよならをみんな ここに捨てに来るから・・・


    夢しかないような 男やけれど
    一度だってあんた 憎めなかった
    逃げたらあかん 逃げたら くちびる噛んだけど

    Hold me tight 大阪 Bay blues
    河はいくつも この街 流れ

    恋や夢のかけら みんな海に流してく

    Hold me tight 大阪 Bay blues
    今日でふたりは終わりやけれど
    Hold me tight あんたあたしの たったひとつの青春やった


    Hold me tight...




    今は思い通りに歌えないから悔しいけど、やっぱり泣けるなぁ・・・

    昔名古屋のスナックでこの歌を歌って知らんオジさんから一万円貰った覚えがあるなぁ・・・



    関連記事
    スポンサーサイト




    ↓ランキングに参加中。クリックお願いします

    誕生日プレゼント

    2011.01.30 (Sun)
    2/5がオイラのお袋の誕生日なんだが昨日まで悩みまくっていた


    今年の正月は風邪をひいたので、実家に帰れなかったから2/3の木曜には実家に帰ろうと思っていたんだよ



    でもお袋の調子があまり良く無い、親父が半寝たきりなので【老々介護】疲れの様で・・・


    正月もみんなが来ると疲れると言っていたぐらい



    毎年母の日には花。誕生日には洋服を贈っているが、去年逢った時に『お父さんが居るから殆ど外には行かないから要らないよ。モッタイナイから・・・



    だから夕方に毎週顔を出してくれてる長女に電話


    『何か足らん物無いかな?』



    『こないだポットが調子悪いから買い替えなきゃって言ったよ』


    おお電気保温ポットに決定!!



    早速、AMAZONで見てると、奥さんが部屋に来てクウキセイジョウキなんかどうかな?』



    オイラが長女に聞いた事を伝えると・・・


    『ダブルであげたらイイじゃん』



    てか、家電2個って・・・喜んでくれれば良いけど・・・



    でもすかさずポチッた流されるオイラ



    つう事で誕生日のプレゼントに家電製品を送る事になったオイラでした


    関連記事




    ↓ランキングに参加中。クリックお願いします

    アジアの王者は・・・

    2011.01.29 (Sat)
    遂に今日(厳密には明日だが・・・)アジアの王者が決まりますね

    そうです

    アジア杯決勝【日本vsオーストラリア】です



    香川選手の骨折でベストな状態での試合で無いのが残念ですが、背の高い選手が多いオーストラリアにどれだけ食らい付けるかがカギでしょうなぁ・・・



    藤本選手がしっかり働いてくれる事でしょうな



    正直、弱冠の不安が残ってますが、なんとかしてくれると信じて応援しましょう




    いつか甥っ子がメンバーに選ばれる事も夢見てるオヤジです

    関連記事




    ↓ランキングに参加中。クリックお願いします

    絶対観たいよなこの映画

    2011.01.26 (Wed)
    昨日に続いての映画ネタです


    今年初の映画館で観る映画が決定しました


    【ヒア アフター】
    です

    ヒアアフター


    チェック:クリント・イーストウッドがメガホンを取り、スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務めた死と生をめぐる感動的なストーリーをつづるヒューマン・ドラマ。死を身近で体験した3人の登場人物が悩み苦しみ、生と向き合う姿を真摯(しんし)に描いていく。主演は、『インビクタス/負けざる者たち』でイーストウッド監督作品にも出演したマット・デイモン。ほかに、『シスタースマイル ドミニクの歌』のベルギー人女優セシル・ドゥ・フランスや映画初出演のジョージ、フランキー・マクラレン兄弟が共演。彼らが見いだす生きることの素晴らしさが、ズシリと心に響く。

    ストーリー:霊能力者としての才能にふたをして生きているアメリカ人のジョージ(マット・デイモン)、津波での臨死体験で不思議な光景を見たフランス人のマリー(セシル・ドゥ・フランス)、亡くなった双子の兄と再会したいイギリスの少年マーカス。ある日のロンドンで、死に取りつかれた3人の人生が交錯する。



    キャスト:マット・デイモン、ブライス・ダラス・ハワード、ジェイ・モーア、セシル・ドゥ・フランス
    監督・製作:クリント・イーストウッド
    製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ、フランク・マーシャル、ピーター・モーガン、ティム・ムーア
    製作:キャスリーン・ケネディ、ロバート・ローレンツ
    脚本:ピーター・モーガン
    撮影:トム・スターン
    美術:ジェームズ・J・ムラカミ




    すんごい簡単に言うと・・・臨死体験の映画
    オイラ以前にも書いたけど(以前の記事はコチラ)実は心配停止になったんだよ。

    それで、この映画のプレビューを観て何故か思い出した


    『そうだ・・・オイラ2回心配停止になってるじゃん・・・』


    病院では無く自宅で産婆さんに取り上げてもらったオイラですが・・・

    お袋が酷い貧血だったそうで、オイラが生まれた時に逆子&どっかが引っかかったらしい

    お袋の出血は止まらんし、取り出したオイラはスグは泣かないしでお袋の方に手をかけたんだってさ

    その間オイラ放っておかれたのさ

    泣いてないから心配停止だわな・・・

    お袋の処置が終わってオイラに手をかけようとした時は息してないから真っ黒だったってさ

    数分経った後にケツを叩きまくっても泣かない・・・もう駄目だとタオルの上に置いた時に泣き出したらしい




    だから小学校の注射の時に書く書類に有った生まれた状況の欄には自慢げ?に

    【異常出産】って書いてた



    余談だが・・・産婆さんは『この子は長生きするよって言ったらしいよ




    だからこの映画のプレビューを観た時は『絶対に観なきゃ』と思った訳よ


    でも今までの2回の心配停止ぐらいではヒアアフター(来世)は見えなかったけどね

    んじゃぁオイラが観て思い出したプレビューを貼っとくね


    携帯はコッチだよ




    【ザ・タウン】
    も観たいけどね・・・





    【ヒアアフター】オフィシャルサイトはコチラ・・・
    関連記事




    ↓ランキングに参加中。クリックお願いします

    インセプションって面白かったよ

    2011.01.25 (Tue)
    久しぶりに感心する映画(感動では無いが・・・)を観た


    観たって漢字は映画に使うんかな・・・?



    でもオイラはあえてDVDやTVドラマにも【観た】って漢字を使っているんだよね。


    今回感心したのは去年2010年公開になった【インセプション】です


    インセプション 映画

    【インセプション】あらすじ
    主人公のドム・コブは、人の夢(潜在意識)に入り込むことでアイディアを“盗み取る”特殊な企業スパイ。そんな彼に、強大な権力を持つ大企業のトップのサイトーが仕事を依頼してきた。依頼内容はライバル会社の解体と、それを社長の息子ロバートにさせるようアイディアを“植えつける(インセプション)”ことだった。極めて困難かつ危険な内容に一度は断るものの、妻モル殺害の容疑をかけられ子供に会えずにいるコブは、犯罪歴の抹消を条件に仕事を引き受けた。

    古くからコブと共に仕事をしてきた相棒のアーサー、夢の世界を構築する「設計士」のアリアドネ、他人になりすましターゲットの思考を誘導する「偽装師」のイームス、夢の世界を安定させる鎮静剤を作る「調合師」のユスフをメンバーに加えた6人で作戦を決行。首尾よくロバートの夢の中に潜入したコブ達だったが、直後に手練の兵士たちによって襲撃を受けてしまう。これはロバートが企業スパイに備えて潜在意識の防護訓練を受けており、護衛部隊を夢の中に投影させていた為であった。インセプション成功の為に更に深い階層の夢へと侵入していくコブたち。次々と襲い来るロバートの護衛部隊に加え、コブの罪悪感から生み出されたモルまでもが妨害を始めた。さらに曖昧になる夢と現実の狭間、迫り来るタイムリミット、果たしてインセプションは成功するのか。




    オイラの感想は『若者風なスタンリー・キューブリックみたいだ』


    決して現代風ではない・・・若者風

    監督はオイラの好きな【メメント(監督/脚本)】や【ダークナイト(監督/製作/原案/脚本)】を手がけた、クリストファー・ノーラン

    マトリックスを始めて観た時のような、感心が感じられたな・・・


    実際映画で観たかったんだが、前評判で難しいとか難解と書いてあったので、わざわざDVD発売まで待っていた


    今回も一日おきに2回観ました

    でもからくりがわかったらそんなに難しくは無かったな、実際



    個人的にキャストの女性が魅力的でしたね

    『ハードキャンディ、』『JUNO/ジュノ』【エレン・ペイジ】と、『TAXI』シリーズ【マリオン・コティヤール】



    ハードキャンディは約4年前にこのブログに書いてるね<記事はコチラ・・・

    hardcandy.jpg
    【エレン・ペイジ】は2007年公開の『JUNO/ジュノ』でアカデミー主演女優賞にノミネートされた


    TAXI.jpg
    【マリオン・コティヤール】はアカデミー賞(2007年度 )主演女優賞 『エディット・ピアフ~愛の讃歌~』







    さて、それでは次ページにわかり易いインセプション見取り図を載せてみましょう




    ここからは【ネタバレ】な解説図を載せるので、ネタバレを見たく無い人はここで止めてね












    続きを読む »
    関連記事




    ↓ランキングに参加中。クリックお願いします
     | HOME |  Next »