FC2ブログ

    おれの人生こんなもんだな・・・

    最愛の奥さんの腎臓を譲り受けた不真面目で飲んだくれな元マスターが綴る独り言. 心が開いている時も閉じている時も淡々と。

    火事にも強い?iMac

    2010.02.18 (Thu)
    精密機器の代表のような気がするコンピューターですが、さすがmacはひと味違いますね


    TUAWによると、スウェーデンのAnders Normanという方の家が火事に遭ったのですが、家に置いていたiMacが焼けて、一部分が溶けても正常に動作していたそうです。

    そのiMacの写真が下記画像ですが、キーボードのキートップほとんどが焼け溶けており、本体やマウスも煤(焦げている?)が付いていますが、マウスは正常に動作し、ワイヤレス・ネットワークも使用可能だったそうです。(コチラのサイトよりお借りしました)




    imac01.jpg

    imac02.jpg

    これを読んだ人は『大した火事じゃなくてボヤだったんじゃねぇの・・・』さすがに建物が崩れるくらいにはなっていませんが、中は結構燃えてますね

    131187_940.jpg




    あまり人の不幸を覗き見るのは悪い趣味ですが、imacの奇跡の写真をもっと見たいという人の為に上記以外の写真がこちらにアップされていますので、どうぞ。

    ちなみに、アルミの融点は約660℃で、通常の火事では500~1000℃くらいまで室内温度が上昇するようですが、こちらにアップされた室内の写真を見る限り、発見及び消防車の到着が早く、早めの鎮火で全焼ではなかったことがアルミ製のiMacが溶けずに済んだ要因なのかもしれませんね。





    元の記事サイトがスウェーデン語のためgoogle翻訳で見たら全く判らん訳になってましたが、本人は感動してまた新しいimacを買ったらしいです


    iphoneは壊れるよ絶対に・・・でも、火災保険に入ってたんだろうなぁ・・・

    関連記事




    ↓ランキングに参加中。クリックお願いします

    コメント


    管理者のみに表示

    トラックバック