FC2ブログ

    おれの人生こんなもんだな・・・

    最愛の奥さんの腎臓を譲り受けた不真面目で飲んだくれな元マスターが綴る独り言. 心が開いている時も閉じている時も淡々と。

    吸わない人には関係ないけどさ

    2010.03.18 (Thu)
    こないだタバコの値段が大幅に上がるんじゃないかという噂が広まっていたが、どうなるのかね・・・

    やれ国民の健康を守るためとか、言っていたけど、概算で値段を倍にしても税収はあんまり変わらない可能性もあるとか(禁煙のきっかけ)。そして税収は年々下がって行くらしい(禁煙者が増加)。結局政府は金の事中心だから信頼されないんだろうな


    禁煙を半年成功して、その後見事に失敗したオイラが偉そうに言えないんだがな


    そんな愛煙家に朗報?が届きました


    煙の出ないタバコ、JTが5月発売 副流煙の心配なし
    日本たばこ産業(JT)は17日、火を使わず煙も出ない無煙たばこ「ゼロスタイル」を開発し、 5月中旬に東京都限定で発売すると発表した。

    たばこの葉が詰まったカードリッジをパイプ状の本体にセットして味わう。価格は本体とカートリッジ2本のセットで300円、詰め替え用カートリッジは4本入りで400円。タールはゼロで、ニコチンは微量含まれている。使用頻度に応じて、1本のカートリッジで、半日から1日程度楽しめるという。

    同日、都内で会見した小泉光臣副社長は「たばこの煙が周囲に迷惑かけるという愛煙家の不安、懸念、心配を取り除いた商品」と、ピーアールした。

    たばこが吸えないエリアでの、たばこ代替需要を見込んでいるといい、東京都での販売を足がかりに全国に広げる計画だ。





    一時期充電してタバコ気分が味わえるヤツが打っていたけど、そんな感じなのかな?

    biz1003171618052-n1.jpg



    原理がよく判らないけど煙が出ないタバコって噛みタバコがあったよね。昔の外国人選手がよく打席に入る前につばを吐いてたあれです

    噛みタバコは直接タバコの葉を含む混合物を噛むことにより風味を楽しむものであり、タバコの楽しみ方としては最も古い方法である。北米大陸のネイティブアメリカンは、ライムの葉とともに用いていたとされている。火気厳禁である場所、たとえば船倉、鉱山、森林などで用いられた。
    タバコの葉と石灰などを共に口に含み使用し、唾液は飲み込まず排出する。唾液を飲み込むとニコチン中毒を起こす危険性があり、唾液中のニコチンは水に溶けた状態なので吸収が早く中毒症状も重い。他に、口の粘膜から直接成分を吸収してしまうため、口腔がん及び咽頭がんの大きな原因の一つとして問題視されつつある。西部劇などで見られる痰壷は、これを吐き出すためのものである。
    現在ではタバコの葉と石灰の組み合わせのほかにさまざまなハーブなどを組み合わせたものや、子供向けの甘味料と香料を多く含んだグトゥカー、ハーブだけで構成されたパーンと呼ばれる物も存在する。インドや東南アジアなどが主要な産地である。




    この他にも嗅ぎタバコってのがあるけど今やるとケシカラン薬と間違えられるので無理だし・・・と思っていたら




    このJTが発売するゼロスタイルって一種の嗅ぎタバコのようです

    ゼロスタイル・ミント


    昔は嗅ぎタバコって鼻から吸っていたらしいのにナゼ故なんだろうか???【詳しく知りたい方はコチラ】


    これってもともと鼻から吸っていたものを口から接種するってことなのかな?

    もしそうなら、ケシカラン薬をカートリッジに入れたら・・・なんて考えるバカが何処かに居そうだな


    東京先行発売のようなので誰かに買ってきてもらおうかな



    関連記事




    ↓ランキングに参加中。クリックお願いします

    コメント


    管理者のみに表示

    トラックバック