FC2ブログ

    おれの人生こんなもんだな・・・

    最愛の奥さんの腎臓を譲り受けた不真面目で飲んだくれな元マスターが綴る独り言. 心が開いている時も閉じている時も淡々と。

    大阪弁の奥深さ

    2011.03.01 (Tue)
    昔似たのを見た事有るけど、今回はわかり易いので大笑いしました



    大阪弁の奥深さ

    大阪弁講座 第一回「なんや」
    今回はイントネーションやアクセントによって多彩な意味を持つ「なんや」について
    扱います。例文では客が「コレなんや」と言おうとして間違えて「なんやコレ」
    言ってしまい店主とケンカになってしまいます。大阪弁では語順が入れ替わると
    大変失礼な言い方になってしまう
    事があります。気をつけて使いましょう。

    客「なんやコレ」        (何ですかこれは)
    商「なんやと!」       (何を言っているんだ!)
    客「『なんやと』ぉ!?」     (「何を言っているんだ!」だって!?)
    商「なんや!?」         (何か言いたい事でもあるのか!?)
    客「なんや!?」         (何でそんなに怒るんだ!?)
    商「なんや!?」         (何だやる気か!?)
    他「なんや」          (何事だ)
    他「なんやなんや」      (何が起きたのだろう)
    他「なんやケンカやて」    (何だかケンカだそうだ)
    他「なんや」          (なんだそうだったのか)
    客「なあんやあ」        (※威嚇の声)
    商「ねえあんやあ」      (※威嚇の声)
    警「もうなんやなんや」    (まぁいい加減にしなさい)
    警「なんや?なんやねん」  (何があったんだ?)
    商「なあーやねん!」      (何で関係ない人間が入ってくるんだ!)
    警「なんやねんてなんや!」 (関係ないとは何だ!)
    商「なんや!」         (お前もやる気か!)
    客「なんやーーーーー!」  (※怒りを爆発させた声)






    今日は朝から、店のHPをリニューアルしようと頑張ってますが、挫折しそうです



    こういうのは一気にやんないと余計時間が掛かるもんですが・・・


    明日は朝からいつもの定期診察が有るので、遅くまで出来ないからな




    とりあえずやれるとこまでやってみます

    関連記事




    ↓ランキングに参加中。クリックお願いします

    コメント


    管理者のみに表示

    トラックバック