FC2ブログ

    おれの人生こんなもんだな・・・

    最愛の奥さんの腎臓を譲り受けた不真面目で飲んだくれな元マスターが綴る独り言. 心が開いている時も閉じている時も淡々と。

    犯行現場をそのままタトゥーに・・・!?

    2011.04.27 (Wed)
    またまたバカなニュースを見つけました

    【犯行現場の様子をそのままタトゥーにして書き込んでいた犯人が捕まる】



    ■うまく描き過ぎた?
     自慢のつもりが証拠になっちゃった。というわけで、アメリカはカリフォルニア州からのニュース。犯行の様子をタトゥーにして彫っていた男性が警察にバレて逮捕されたそうです。
     写真の男はアンソニー・ガルシア。リヴェラのギャン団のメンバーでした。以前リカーショップでジョン・ファレスさんという男性が殺害されたのですが、その時の様子とそっくりの絵が胸のタトゥーに描かれています。その事件を捜査していたロサンゼルス警察の殺人課捜査官ケビン・ロイド氏が犯罪集団のスナップ写真を見ていた時に、たまたまこのガルシアの胸のタトゥーに気が付いたのでした。しかも首元には「リヴェラの殺人」って書いてあるし。

    AnthonyGarciatattoo.jpg


    ■供述調書が胸に書いてあるようなもの
     イラストのレベル的にはどうなのという部分もありますが、描かれたタトゥーには撃たれる男性、事件の起きたお店、ファレスさんが倒れた向き、反対側に曲げられた街灯に道路標識。あまりにも当時の犯行の様子そのまんまだったために、ロイド氏が情報を集め、最終的にこの男を逮捕しています。
     彼を担当しているマイク・パーカー警部はこうコメントしました。
     「考えてみて下さいよ。彼は自分の胸に供述書を印刷してあるようなものです。これである程度彼の運命は決まっています。」
     5月の19日にノーウォークの法廷で最終的な判決が出されるのですが、ガルシアは65年の懲役を科される可能性があるそうです。

     というわけで、おかしなタトゥーは身を滅ぼすので要注意といったところでしょうか。それにしてもこのタトゥーの絵…ぬるい。マジック一本でキュキュッと描いたような感じのできばえ。それともアメリカのタトゥー界にもヘタウマの波が来ているのか?




    これが自慢とかじゃ無くて、映画『メメント』みたいに前向性健忘症なら映画になったかも・・・



    てか、やっぱり日本人の入れ墨を見ている私たちにはショボいタトゥーと思ってしまいます


    ネタ元はこちら・・・



    メメントメメント
    (2006/06/23)
    ガイ・ピアース

    商品詳細を見る
    関連記事




    ↓ランキングに参加中。クリックお願いします

    コメント


    管理者のみに表示

    トラックバック