FC2ブログ

    おれの人生こんなもんだな・・・

    最愛の奥さんの腎臓を譲り受けた不真面目で飲んだくれな元マスターが綴る独り言. 心が開いている時も閉じている時も淡々と。

    やっと観れたよ

    2012.02.07 (Tue)
    何がって夏頃だったか、みたい映画が有って調べたらオイラの近くではヤッテ無かったんだよ


    メル・ギブソン主演の『復讐捜査線』(原題: Edge of Darkness)が・・・


    メル




    昨日の昼間にやっとDVDを借りて観ました



    てか日本の映画配給会社がつける邦題は本当にダサイし解り難いだろ


    『復讐捜査線』(原題: Edge of Darkness)は、マーティン・キャンベル監督によるアメリカ合衆国の映画であり、1985年のBBCのテレビドラマ『刑事ロニー・クレイブン(英語版)』の映画版である。

    メル・ギブソンにとっては『サイン』(2002年)以来となる主演映画である。

    テレビ版はイギリス・ヨークシャーが舞台だったが、映画版ではアメリカ・ボストンを舞台としている。


    あらすじ
    ボストン警察殺人課に勤務するベテラン刑事、トーマス・ブレイクンは病に倒れた一人娘のエマを病院に連れて行こうとする。しかし家を出たその時、何者かが彼女を狙撃、エマは父の腕の中で息を引き取った。規則によりトーマスは事件の捜査担当を許されず、同僚が担当することとなり「エマに個人的な恨みを持つ」者の犯行と見て捜査を開始。しかしトーマスはこれとは別に自ら娘の命を奪った犯人の足取りを追う。その中で、トーマスはエマが勤務していた軍需企業が犯罪行為を行なっていたこと、エマがそれを暴露しようとして命を消されたことを知るのであった…。





    なかなかオモシロかった



    まず・・・


    出演している役者たちが巧い


    ショックな映像なんかが有るから本国では○指定が、ついてたかもね




    CGが殆ど目につかない社会派ドラマでした





    オイラの星は四個弱の78点かな・・・



    しかし、メル・ギブソンはかっこいいねぇ




    親父と娘の映画って言うと数年前に有ったリーアム・ニーソンの『96時間』も面白い映画で彼も好きですが、社会派なだけに今回の【復讐捜査線】の方が好きかな



    今年末公開されるだろう『The Grey』


    9221d97e-s.jpg


    は必ず観に行きますけどね



    オイラが見た事が無いオリジナルの英国テレビドラマ【刑事ロニー・クレイブン】も見たくなってきました


    eod_jacket.jpg



    この映画は・・・メル・ギブソンファンは勿論、最近のCGばっかりの映画に嫌気がさした方や硬派な社会派ドラマが好きな方に見てもらいたいですね





    復讐捜査線 [DVD]復讐捜査線 [DVD]
    (2011/12/02)
    メル・ギブソン、レイ・ウィンストン 他

    商品詳細を見る



    関連記事




    ↓ランキングに参加中。クリックお願いします

    コメント


    管理者のみに表示

    トラックバック