FC2ブログ

    おれの人生こんなもんだな・・・

    最愛の奥さんの腎臓を譲り受けた不真面目で飲んだくれな元マスターが綴る独り言. 心が開いている時も閉じている時も淡々と。

    スポンサーサイト

    --.--.-- (--)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。




    ↓ランキングに参加中。クリックお願いします

    もう11年半...

    2015.10.07 (Wed)
    おいらが移植してはや11年半経った。


    12、3年位前は絶不調で、ボンヤリと『オレこのまま死ぬのかな...!?』とか思ったもんだ。



    その後でめでたく血液透析開始


    そしてCAPDに移行

    ※CAPDとは;腹膜透析(Peritoneal Dialysis:略称PD)は、在宅で行う透析療法で、通院は月に1~2回程度です。
    自分の体の中の「腹膜」を利用して血液をきれいにします。
    寝ている間に器械を使って自動的に行う方法(Automated Peritoneal Dialysis:略称APD)と、日中に数回透析液バッグを交換する方法(Continuous Ambulatory Peritoneal Dialysis:略称CAPD)があります。
    個人差はありますが、血液透析(Hemodialysis:略称HD)と比べ、透析導入後も残っている腎機能を長く保つことができ、尿がでなくなる時期を遅らせることができると言われています。詳しくはこちら





    その頃に低血糖で二回心肺停止・・・



    あの時も周りは(特に嫁は)『終わった...』と思ったらしい。




    そしてあれから10年半、今日も朝から移植と内分泌内科の6週ぶりの定期検査に出かけています。



    現在病院で処方薬の順番待ちです





    今日はインスリンも処方なので、院内処方です。


    帰りにホットモットでのり弁買って帰る予定…(-_-)






    関連記事




    ↓ランキングに参加中。クリックお願いします

    コメント


    管理者のみに表示

    トラックバック

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。