FC2ブログ

    おれの人生こんなもんだな・・・

    最愛の奥さんの腎臓を譲り受けた不真面目で飲んだくれな元マスターが綴る独り言. 心が開いている時も閉じている時も淡々と。

    三重県安芸郡河芸町・・・

    2006.01.05 (Thu)

    1/3から一泊の予定で実家に帰った。一年に一、二回しか帰らないので結構楽しみにしている。安城から豊明まで下を走り伊勢湾岸を四日市まで、そのまま伊勢自動車道で芸濃インターまで行って下道で家まで・・・80分ほどの道のりで到着した。早く着くようになったもんだ。昔は倍かかったのに。早速インターを降りたら奥さんに写真を撮りまくれの指示を出す。

    近鉄列車の色を初めて見た奥さんは「何~あの色~・?」と不思議がっていた


    実は前々から寄ってみたい所がある。それは俺がいた頃は無かったのに知らないうちに出来ていたマリーナ河芸なるものだ。多分バブル期の象徴だろうがとりあえずはこの目で見てみたいから寄り道した。

    やはり見るからに寂れている・・・・・悲惨な予感

    オイオイ人は居るのかそれとも休みか?開店休業か?

    まだ少しはヨットやボートは置いてはあるが・・・

    でも海はやっぱいいねえ。いろいろと思い出が蘇ってくるなぁ

    やっぱり寂れてたマリーナを後に実家に向かう。まあ今日はねーちゃん達も来てるだろうし義兄さんたちと乾杯をしなきゃイカン?から明日の朝にでも近所散策に出かけてみるか・・・なんてことを思っていたらうちの近くまで来たが俺が小さい頃よく遊んでいた通称”赤山”が県の施設が出来ていた。

    子供の頃の思い出が・・・少し悲しい・・・まあしょうがないか、おっ、家の団地の入り口まで来たで~

    オンボロな実家築34年建て売り住宅住んでるのは75才のオヤジと71才のお袋二人。周りの家は立て替えて奇麗なのに・・・俺が実家を飛び出たからこうなったかもと責任を感じる。窓から先についたねーちゃんの顔がのぞいてる


    あんまりアップで載せたら怒られるから少し遠目で載せといたるわ。家について小一時関したらみんな勢揃いして昼飯の時間。

    ほとんど元シェフのオヤジが作ったらしいがついてすぐに切ってくれと頼まれたローストビーフの切り方が厚すぎてオヤジからお叱りを受ける。何ミリに切れってはっきり言えよ、俺はあんたの嫁じゃあ無いから言ってくれな判らんだろ

    んで、みんなで記念撮影です

    関連記事




    ↓ランキングに参加中。クリックお願いします

    コメント

    あけおめです。今年も宜しくお願いします。
    里帰り楽しそうですね、実は、私も本日お袋の顔を拝みに
    三重の妹宅に行って参りました、妹の料理(五目すし)が
    だんだんお袋の味に近ずいていたのには、びっくりしました。
    私の妹宅も今年から津市になったみたいです。

    管理者のみに表示

    トラックバック