FC2ブログ

    おれの人生こんなもんだな・・・

    最愛の奥さんの腎臓を譲り受けた不真面目で飲んだくれな元マスターが綴る独り言. 心が開いている時も閉じている時も淡々と。

    06'8/13~23 キャンプ vol.1

    2006.08.24 (Thu)

    今回のキャンプはイロイロあって楽しかったが当然いっぺんには書けない(写真の数が多いので編集に時間がかかる)から何回かに分けてエピソード順に書こうと思う。 

    何から書こうか迷ってまうなぁ・・・まずティピーの事を・・・結局ティピーには泊まりませんでした。何故だというと現地に到着して現物を見た奥さんの頑な拒否にあったからです。


    理由は虫が入ってきそうな事と中がカビ臭い事、最後にお化けが出そうな雰囲気があるとの事・・・別に奥さんは俗に言う ”霊感が強い人” な訳ではありません。ただこの最後の理由がはっきり言って俺が心を動かされたかな・・・こんなことを言うのは、結婚して初めてだからマジメにちょっとビビった・・・

    だからと言って他に泊まる施設は無いし、オートキャンプ場はあるが貸し出し用のテントは無いらしいし、自分のテントも持って来ていない・・・どうしよう・・・止めて帰るか?・・・と困っていた時にキャンプ場の兄ちゃんが『本当は貸し出し用では無いんですけど・・・』とキャンプ場の持ち物のテントを一張、貸してくれた・・・

    このテントが大変な代物で古い、張り方が難しい、小さいの三拍子揃っていて設置するのに維持間以上かかった。その時間は一番日差しがキツイ時間だったのでダンダン頭が痛くなってくるし汗はベタベタだし張り終わってタープまで張ったらもう14時だったが二人とも暑さのため食欲ゼロ状態。

    疲れてダレる奥さん

    口に入るのはビールだけのプチダイエットツアーのような一日の始まりでした・・・この時点でこれから送る事件に感づくべきだった・・・・・・・・


    近々書く(予定です)06'8/13~23 キャンプ vol.2続く・・・・・・

    関連記事




    ↓ランキングに参加中。クリックお願いします

    コメント

    いやいや、ティビーに泊まれなくてがっかりは私の方でした・・・ただテント設営があまりにも疲れたのでぐったりです。
    ティビーにガッカリしている奥さん。疲れが倍になったでしょうね。
    お気の毒様でした。ガッカリ奥様にお慰めの・・・を

    管理者のみに表示

    トラックバック