FC2ブログ

    おれの人生こんなもんだな・・・

    最愛の奥さんの腎臓を譲り受けた不真面目で飲んだくれな元マスターが綴る独り言. 心が開いている時も閉じている時も淡々と。

    06'8/23リトルワールド in 犬山・・・vol.3 最終回

    2006.09.02 (Sat)

    腹がいっぱいの状態で南イタリアを後にした一行は(書いている言葉だけ見ると世界旅行みたい・・・恐るべしリトルワールド・・・)思いのほか張り切ってらくだ広場テント村を通り過ぎ、東アフリカのタンザニア、南アフリカを超え、アフリカ地域センターへ向かったとさ・・・

    一番温度が高い時間に入ったので中は肌寒い暗いヒンヤリしたが、なんか<呪いの仮面>というタイトルがぴったりの
    違うヒンヤリ感が漂っていた・・・変な物?が写っていてもおかしくないただならぬ雰囲気だった・・・コワッ!!

    次いでネパールの仏教寺院へ・・・


    この辺からいろいろと考える様になった・・・何を考え出したかというと・・・
    {いろんな国から本物の建物やその国の宗教がらみの物まで持って来るのは果たして許される事なんだろうか・・・}

    やべっ!!  さっきの仮面の呪いだ~~~

    なんて事を思いながら南インドのケララ州の村へ向かう・・・途中に広がるゴルフ場のような景観

    向こうの赤いのは多分あの、ハゲイトウか??

    インドに入国? して売店へ向かうが売店のいたる所に “サイババ”の写真が・・・

    大して面白い物も無いので先に進む・・・タイ北部のランナータイ地方の農家へ

    東南アジアの国々の農家の家はだいたいが高床式になっていた。やはり水害の被害が多い為だろう・・・

    ここでやっと売店トロピカルフルーツ村(なんじゃ、それ・・)に到着。ここでやっと六杯目のビールにありついた。ここでも2種類のビールが売っていたが、初挑戦の”チャーンビール”を頂きました。

    ’チャーン’とはタイ語で、「象」という意味。その名のとおり、象さんのかわいいマークが目印です。タイでは、庶民の間で人気のあるビールです。苦味はあまり強くなく、飲みやすい味わいに仕上がっています。(HP内説明文より抜粋)

    説明文のとおりラベルに象の絵が   ’チャーン’  と書いてある・・・  なんてねハハハ

    この辺で全員がお疲れモードに・・・スタンプはあと韓国だけ残すのみだったのでバスに乗り韓国、終点(スタート?)の石垣島までバスツアー・・・お世話になった回遊バスも一枚

    出口付近のワールドショッピングセンターにて物色・・・一つだけ面白い物を見つけた。”チャーンビール”を飲んだあとだったので買う気にはならなかったがいつかは飲んでみたいと思う。

    しかし、原産国オランダって日本人は昔からすげえなぁ・・・子供の頃これを見ていたら『俺もいつかはビールのラベルになるぐらい有名になってやる!』なんて思っていたかも・・・







    今回のプチ世界一周をしてみて思った事は『近場の面白い所をもっと見て回ろう』だった。

    16文字の発見をする為に六杯のビールを消費した俺って“燃費が悪いな”  

    関連記事




    ↓ランキングに参加中。クリックお願いします

    コメント

    おお~ありがとうございます。チャーンと肝に銘じます。
    仕方ない・・・チャーンのゾウさんのラベルにOを
    チャーン・・・と健康管理をしなはれ~

    管理者のみに表示

    トラックバック