FC2ブログ

    おれの人生こんなもんだな・・・

    最愛の奥さんの腎臓を譲り受けた不真面目で飲んだくれな元マスターが綴る独り言. 心が開いている時も閉じている時も淡々と。

    過ぎ去りし・・・BAND時代/vol.1

    2006.09.24 (Sun)

    熱く燃えた青春の想い出を・・・

    2 ? 年前の高校2年の時、友人に頼んで無理矢理バンドに入れてもらった・・・今は見る影も無いが・・・高校3年の時には C*CA-C*LA主催の アマチュアバンドコンテストに出場し、勢いだけで?全国大会で3位になった。
    それがきっかけになって三重の田舎から名古屋に住む事になったのだが・・・

    1990当時組んでたのbandです


    初めてステージ上で演ったのが中学3年の文化祭だった。同じクラスのWとYと(彼らとはその後のバンドでも一緒だった)おいらの3人でバンド名も無いままON STAGE・・・知っている奴らばかりの前だからあまり緊張はしなかったが・・・

    この時はRitchie Blackmore's Rainbowの『 Catch The Rainbow(虹をつかもう)』とクリエイションの『ステップ・イントゥ・ザ・ライト』それにカルメンマキ&OZの『空へ』 の三曲だけのシンプルなSTAGEだった。
    おいらはサイドギター(ジャカジャカしか弾けん!!から・・)2曲とボーカル1曲にトライ。5年ほど前に当時のカセットテープを聞いたが最低のサイドギターとボーカルだった・・・恥ずかしい・・・

    それからは一人部屋でフォークギターを鳴らすぐらいの暗めのおとなしい?少年期・・・だった。
    しかし高校2年の夏休みに前のメンバーWとYとI(後のバンドリーダー)の三人でインストバンド(歌なし音楽のみ)を結成し、近所の楽器チェーンのアマチュアバンドコンテストに出て惜しくも基準点(75点)より ”2点マイナス” で落選し友人宅で残念会を開いた時の事・・・

    残念会では15人ほどが集まり、いろいろと喋っていたがたまたまおいらがその採点表をボーと見ていた。
    『ん!!』『ありゃ???』点数の合計が間違っている・・・三回ほど計算してデカイ声で『お~い!! これ計算間違いで75点あるぞ~!!!』 そこからは大騒ぎで楽器屋に電話して確認。すると、『合格ですね!!二次審査へ来て下さい・・・』とのこと。しかし二次審査にはボーカルを加入させないとダメらしい・・・

    そこで第一発見者のおいらが ”褒美” として加入・・・つーか、無理矢理入れてもらった訳だ。このあと、二次審査を通り本選へ・・・この時点で8人(ギター2名、ドラム、ボーカル、ベース、キーボード、コーラス2名)編成の大所帯になっていたが本選はチューニングミスの史上最低の出来だった。

    しかし、この時の周りの『チューニングが狂っていなかったら結構良かったよ!』という言葉に、そそのかされ青春の時を費やしていく・・・

    この時はあんな経験が出来るとは思っていないメンバーだった・・・

    イイ想い出がよみがえったら 『過ぎ去りし・・・BAND時代/vol.2』 に続く・・・

    関連記事




    ↓ランキングに参加中。クリックお願いします

    コメント

    若い頃は『仕事で外国に行けるなんて羨ましい』と思っていましたが、年を少し重ねると『たいへんだろうなぁ・・・』と思う様になりました。
    でもまだ一度は仕事で行ってみたいかな・・・
    我長男も、高校・大学時代 音にはまっておりました。
    今はしがない・・・サラリーマン・・・中国の果てで
    苦労の道を・・・青春は儚く・・・熱く燃える~の巻き

    管理者のみに表示

    トラックバック