FC2ブログ

    おれの人生こんなもんだな・・・

    最愛の奥さんの腎臓を譲り受けた不真面目で飲んだくれな元マスターが綴る独り言. 心が開いている時も閉じている時も淡々と。

    無事?退院したが・・・

    2006.10.20 (Fri)

    昨日の夜に退院が決まり、いい気分で {外泊届け} を出してとっとと一日外泊で自宅に帰りました。ウチに帰ると奥さんが焼いてくれている大好物の {ニンニクの爆弾焼き}の匂いがプ~ンと漂っていて一気に空きっ腹に・・・気合いを入れて 焼き肉(メデタイ時はとりあえず焼き肉)喰って早く寝た。


    こんなに喰う訳じゃないよ、イメージね

    いつものごとく朝の9時過ぎに病院に到着。
    『ア~あと一回の点滴でオサラバか~』なんて考えながら10時過ぎまで待つ・・
    やっと点滴を打ってくれるインターン?のH先生が来た。

    しかし・・・

    H先生『あ~、あと2、3日で退院出来ますよ~』

    おいら『えっ?、もうこの点滴が終わったら退院って言われたけど・・・』

    H先生『いやそんなことはないです』

    おいら『でも、昨日の夜にS先生が良いと言っていましたよ』

    こんな悪魔のようなやり取りを交わしていると、後ろからS先生登場!!

    S先生『私が良いと言ったけどH君、誰が2、3日と言っていたの?』

    H先生『教授に聞いたらそうゆう風にいわれましたが・・・』

    このS先生は教授、助教授、の次ぐらいにエラい女医さんでおいらの主治医であるから当然Hよりもエラいが、Hが言った『教授に聞いたら・・・』の言葉を聞いた瞬間にS先生一言・・・『教授に聞いたらそう言うわ・・・でもね~・・・』

    一瞬考えてS先生『それじゃあ、今から臨時で血液検査して、結果待ちね、それで教授を説得するわ』

    かっこいいS先生!!

    結果、退院オッケーになりました。

    <3-9病棟の皆様m(_ _)m大変お騒がせいたしました。月曜にまた病院に行くので再び入院にならない様に頑張ります>

    でもココだけの話し、月曜日には入院の用意だけは持って行くつもりだ・・・

    関連記事




    ↓ランキングに参加中。クリックお願いします

    コメント

    わての姉妹は、皆京都です。小さい頃は
    少し京都に住んでたんやで~
    古いこととは言いながら、うまいもんどす・・・ェ
    侘び助さん、ありがとうございます。
    そうですね、もう誰も腎臓はくれないし・・・
    でも、なんで京都弁なん???(おいらも三重弁で)
    ますたー 体の替えはおまへんで~
    大事にしなはれや・・・お見舞いのナイスどす…ェ
    はじめまして、SIBAさん。
    退院が決まると何とも言えない安堵感・・・良いですよね。
    プラス私の場合は入院中の嫌な事もすっかり忘れてしまいますネ。
    初めまして~♪
    退院出来るようでおめでとうございます♪良かったですね!
    私も何度か入院の経験があるので、
    退院が決まった時の気持ちって、凄くよくわかりますよ。
    ブログ全体から、ご夫婦の仲の良さが伝わってきて、
    ちょっぴり幸せな気分になりました♪

    管理者のみに表示

    トラックバック