FC2ブログ

    おれの人生こんなもんだな・・・

    最愛の奥さんの腎臓を譲り受けた不真面目で飲んだくれな元マスターが綴る独り言. 心が開いている時も閉じている時も淡々と。

    秋の夜長はホラー映画

    2008.10.24 (Fri)
    今回のブログパーツは【diary of the dead】ダイアリーオブザデッド(11/15公開)です

    【diary of the dead】ダイアリーオブザデッド公式サイト


    映画界に多大なる影響を与え続ける巨匠ジョージ・A・ロメロが、自身最高傑作となる新作を完成させた。主人公は山奥でホラー映画を撮影していた学生グループ。ただならぬ状況下でも頑なにカメラを回し続け、「真実」のみを伝えようと闘い続ける様を描いた、究極のサバイバルムービーだ。圧倒的な恐怖を表現する一方で、個人が発信する情報が「メディア」となり得る時代の危うさをも描ききり、世界各国の批評家から「廃れた映画界を復活させた」と大絶賛された。その恐怖と現代社会への警鐘をより克明に映像化するためにとられた手法はP.O.V(ポイント・オブ・ビュー=主観撮影)。かつては『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』(99)、最近では『REC/レック』(07)や『クローバーフィールド/HAKAISHA』(08)で用いられた撮影手法を取り、まさにその現場にいるかのような感覚を体感させる。目の前に迫りくる“世界の終焉”が、必ずや観る者を恐怖のドン底に陥れ、“新たな映画界の幕開け”へと我々を導く。



    あらすじ

    ある年の10月、山奥で映画を撮影している若者の一団がいた。
    大学の映画学科の卒業制作としてホラー映画を作っていたのだ。そこにラジオから衝撃のニュースが流れてきた。
    「世界各地で死者が蘇っています…」
    マスメディアによる情報は錯綜し、いたるところで大惨事が発生。若者たちがそのただ中にいるにも関わらず、テレビのニュースは「事態は沈静化に向かっている」と虚偽の報道を繰り返している。
    その一方でYouTubeには断片的な衝撃的映像が次々にアップされていた。
    「なんてことだ…。どこへ行っても人が殺されている…。」
    生き残り、この惨事を後世に伝えることを使命とした学生グループ。ビデオカメラで全てを撮影しながら、非情な運命に立ち向かうのだった…。




    まぁ、オイラのホラーバイブルである『ゾンビ』『死霊のえじき』などを世に送り出した、ホラー映画界の偉人ジョージ・A・ロメロ監督最新作だから期待は膨らむ。

    【ジョージ・A・ロメロ】はSFサスペンス小説『アイ・アム・レジェンド(ウィル・スミス主演で三度目の映画化になった)』に感銘を受けていたロメロがその作品をヒントとして1968年『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』を製作したぐらいで【ゾンビの父】と称される。

    【ゾンビの父】はゾンビってことか・・・

    ダイアリー・オブ・ザ・デッドDiary of the Dead22
    写真を見て思わず『白内障か???』と叫びました

    コチラはポスターかな・・・なかなか渋いけど限定物なのかなぁ・・・
    ダイアリー・オブ・ザ・デッドDiary of the Dead



    【diary of the dead】ダイアリーオブザデッド公式サイト


    関連記事




    ↓ランキングに参加中。クリックお願いします

    コメント

    イタズラしないで~
    最近、映画館にはあまり行って無いからたまには見に行きたいなぁ…

    また注目映画やソフト教えてちょ(^_-)~☆
    わぁ~Σ(゚Д゚ノ)ノ
    これ見てみたいです!!!!

    でもこれからの時期ならハロウィン♪
    10/25より公開、ジョン・カーペンターの「ハロウィン」をロブ・ゾンビによってリメイクされた『ハロウィン』が見モノですねΣd(ゝ∀・)

    あっ、

    「Trick or Treat!」(*`▽´*)www

    管理者のみに表示

    トラックバック